【52日目】ハノイ観光&海外初年越し

2017年12月31日:ベトナム(HA NOI)

ハノイについて2日目、今日は大晦日。

今日の昼間はハノイ市内を観光して夜はゆっくり年越しを待とうと思います。

ということで街中を歩いて行きます。

まずはベトナム軍事歴史博物館へ。

チケット購入(写真を撮るのは一応別料金が必要です(払わずにコンデジや携帯で撮ってる人も多くいましたが))

大きな荷物はロッカーに預けます(必須)

館内や外にはベトナム戦争時の様々な写真や当時の武器、衣類などが展示されています。

次にホー・チ・ミン博物館へ

ベトナム建国の父:ホー・チ・ミンの生前の暮らしや活動内容に関する資料が展示されています。

※館内は写真禁止のため外観のみご紹介。

営業時間:8:30〜16:30

入場料:40,000VND

ただ、12:00から14:00までは一時的に休館するので訪問時には注意です。

僕は11時半頃に到着したんで結構ギリギリでした(^◇^;)

ホー・チ・ミン博物館の後は近くにある一柱寺へ

日々多くの仏教徒が礼拝に訪れています。

その後、ホーチミン廊を一目見て

ホアロー収容所跡へ

・営業時間:8:30〜11:30、13:30〜16:30(年中無休)

・入場料:30,000VND

※別料金で英語のガイドブックもあります。

ここはフランス植民地時代にフランスに抵抗したベトナム人が収容され拷問を受けていた場所になります。ベトナム戦争時代には北ベトナム軍がアメリカ兵士を収容するのにも使用されており、両方の資料が展示されています。

細い廊下の両サイドに独房があります

独房内

当時の拷問を再現した展示

こちらは集団房

実際に使われていたギロチン

すぐ横にはギロチンで処刑された方の写真や処刑後に晒された首の写真があったりと結構ショッキングなものが公開されています。

ベトナム戦争時に捕らえられたアメリカ兵が来ていた服など

僕がいる間だけでも多くの方が献花に訪れていました

ベトナムと言えばベトナム戦争のイメージが個人的に強くそれ以前(特にフランス植民地時代)については勉強することが殆ど無かったんですが、こちらを訪れたことで興味を持つきっかけになりました。今後ベトナムの歴史についても自分なりに再度勉強していきます。

博物館に自分で行って見る・感じる・考えるべきだと思うので各博物館の写真は少なめにしています。今回行った博物館はどれも見ごたえがあり色々考えながら回ることになるので1カ所1時間以上かかりました。

ここからは明るい観光地を巡って宿に帰ります。

まずセント・ジョセフ教会を外から眺め(中に入れる時間に行ったんですが何故か無理でした。他の観光客もみんな入り口でNGくらってました😢)

次にホアンキエム湖

最後にオペラハウス

オペラハウス、なんか変じゃない???

年末のイベントでまさかの野外ライブ会場となってました(;_;)

普通のオペラハウスが見たかったのに・・・

最後にちょっと凹んで宿に帰ります。

年越しは宿でゆっくりしようかと思ってたんですが、同室で仲良くなった中国人の方と街へ繰り出すことに。

ベトナムは旧正月が盛り上がるので12月31日はそんなに盛り上がらないかと思ってたら・・・

えらいことになってました(^◇^;)

音楽のイベントもやっていて人が多く、まともに移動できません(-。-;

なんとか年越しまでに座れるBarを見つけて年越しを待ちます。(この時点で11時53分)

そして、周りの知らない人達とHAPPY NEW YEAR♬

手持ち花火で祝ったり

とりあえず、近くのテーブルの人と乾杯です!

そして10分も経たないうちに通常運転。

ベトナムの年越しはこんなもんですかね。

クラブとかはずっと盛り上がってましたが他の場所は結構普通に戻ってました。

宿に戻ってから共有スペースで中国人の方と飲んでいると続々と同宿の宿泊者が戻ってくるのでみんなとHAPPY NEW YEARの挨拶。

一緒に年越しした中国人の彼(ハルビン出身)

同宿の宿泊者です。

この後、宿で3時くらいまで飲んで就寝。

海外初年越しはこんな感じで特に特別なこともありませんでした。

日本の年越しの方がやっぱり盛り上がりますね。普段見ないけど今年は紅白見たかった・・・

にほんブログ村 旅行ブログ 大陸横断・大陸縦断へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク