【318日目】久しぶりにイラン人のお家にお世話になります

2018年9月24日:イラン(フェルドゥース〜デイフーク

昨日は数日ぶりに宿に宿泊。

安い宿で日本とかと比べるとクオリティが低いかもしれないけど、ベッドで寝れるだけでとても有難く感じます^^

初めてイランの田舎の宿でしたが、宿のスタッフのお兄ちゃん達もフレンドリーで楽しかったです♫

街の端っこに近い所に宿があったので、街中を少し走るとすぐにいつもの風景になっていきます。

もはや見慣れた景色。こういった景色を見ている方が街の中より安心します(笑)

ラクダの標識🐪

この辺には野生のラクダがいるのかな?

イランの道を走っていてよく見かけるのが、⬇️のような小さいドーム状の建物です。

何かな???

昼頃、大きな道の分岐に着きました。

大きな国道の分岐のためか、小さい商店やガソリンスタンドがありました。

数100キロ以上もガソリンスタンドやお店が無いのが普通なので、貴重な補給エリアになっていそうです。

約1年近く海外を走っているとこういったことが普通になってくるんですが、

日本ではこんなに補給が出来ないのは北海道くらいですね。

日本がどれだけ旅行し易い場所なのか、と改めて感じます。

また、いつもの景色のなか走っていきます🚵‍♂️

屋根がある場所を発見し、少し休憩。

水道とトイレもあるのは珍しい♫

何も無い中、進みます。

こういう景色の中を走っていると、旅しているなぁとシミジミ思います😁

自転車を標識に立てかけて、ちょっと休憩。

久しぶりに看板に街の名前が出てきた!

もう少しで今日初めての街に着くようですw

夕方、街に入りました。

この街で色々補給をしようと思います。

まずは、ジュースとアイスでエネルギーチャージ🍹

イラン入ってから炭酸飲みすぎてるw

糖尿病が怖いです😅

一応、めちゃくちゃ運動してるから大丈夫かな?

次にガソリンスタンドでガソリンバーナー用のガソリンを補給。

支払いをしようとするとスタッフのお兄さんがサービスしてくれました☺️

しかも、ザクロやお菓子までくれました。本当に有難いです。

もう夕方過ぎだったので、ガソリンスタンドの近くのレストランで夕食を食べることにします。

安定のケバブ🥓

食事を終えるともう外は暗くなってきていました。

今日はどこで寝るか考えた結果、一旦、街の中にあるモスクに行ってみてそこで寝れないか確認してみようと思います。

モスクの前にはテントを張れるようなスペースが広がっており、多くの家族がテントを張っていました。

僕もそこにテントを張ろうとしていたら、一人のイラン人男性が英語で「今夜、私の家に泊まりにきますか
?」と声をかけてきました。

彼はガイドをしており、彼は今まで色んな外国人の旅人を家に泊めてきたそうだ。

僕が少し悩んでいると、僕を安心させるために今まで泊めて外国人の写真を見せてくれました。

その中には日本人の自転車乗りの写真もありました。

ただ、イランに入国して最初に宿泊した家で色々あったため、泊めてくれるという人を簡単に信用出来ない自分がいます・・・

悩みましたが、彼は嘘を言ってなさそうだったので彼の家にお世話になることに決めました。

モスクから5分ほどかけて、彼の家に到着。

彼の名前はフセイン。

この街でガイドをしながら、親戚たちと旧市街の壊れた建物をゲストハウスとして復旧しているそうだ。

フセインと彼の子供に、この地域の観光スポットや特産品など色々教えてもらった。

この辺の砂漠には、アジアンチーター🐆がいるそうだ。

そう言えば、道路にチーターの看板が偶にあったな・・・

近くに動物園でもあるんだと思っていましたが、そういうことだったんですねw

フセインにテントで普段寝ていることを伝えると

「テントで寝ている時に出会わなくて良かったな。でも、中々見ることがないから会えた方がラッキーだったかもねw」

アジアンチーターは現在かなり頭数が減っており、絶滅危惧種なため見る機会は殆ど無いらしいので確かに見てみたかったもw

<今日のルート>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする