【94日目】バンコク2日目、バンコクの吉野家へ。日本食最高♫

2018年2月12日:タイ(バンコク)

のんびり起床。

今日はそんなにやる事ないんでね😄

昼前くらいに宿を出てぷらぷらします。

正直バンコクは何回も来てるので観光で行きたい所は全然ないんでね。

そんな僕が向かったのは昨日モン君に教えてもらった美容室。

旅に出て3ヶ月、結構髪が伸びてきてたし、暑いんでカット✂︎したかったんですよね!

で、全体的に少し短くして欲しい旨を伝えると直ぐに作業開始。

待ち時間ほぼ無しでした。ラッキー♫

ベテランのおばちゃんお姉さんが手際よくカットしてくれました。

可愛い美容師さんもいたので本当はそちらにカットしてほし・・・

かかった時間は15分くらいだったかな。

本当はカラーもしたかったんですが僕の染めたい色が無かったんで今回はカットのみ。

値段は日本円で450〜480円くらい(150バーツ)なのでとてもリーズナブル。

ただ、スタッフは誰も英語出来なかったので少しタイ語が話せないと辛いかも(^◇^;)

頭がスッキリしたあとは昼食。

バンコクに着いたら絶対日本食を食べようと思っていて、まず向かったのは吉野家🍜

懐かしい味です( ;∀;)

と言いたい所だけど日本の牛丼よりこっちはショッパイんですよね〜。

しかも大盛りにしても日本の並と同量か少し少ないくらい。

物足りない。そして値段も日本と同じ。

でも食べちゃうw

仕方ない。少ししょっぱくても美味しいんだもの。

こうなったらバンコクにいる間は日本食食べまくってやろうと思い、まずはどんな店やメニューがあるか見に行くことにします!(ラーメン好きなので基本ラーメン屋中心です)

トンロー駅あたりを物色

駅近くの「麺屋やまと」、まぜそば屋。

結構値段が高い(大盛りで約900円)ので今回はパス。

仙台ラーメンの「麺屋もっこり」、仙台ラーメンのイメージが湧かないのでパス。

大勝軒の系列らしい「よね田」。

大勝軒関連なのでつけ麺もあったが二郎系もあったりしてちょっと悩むがこちらも値段が1000円近いので保留。

よね田と同じ建物内に大阪王将もありました。

非常に悩ましい。

他にも日本食屋が近くにあった。

高いので速攻却下。

居酒屋みたいなとこもあった。

で、結局食べたのは鶏白湯メインのお店「七星」。100バーツ(約340円)くらいで食べれるのでとてもリーズナブル。しかし、鶏の原価が日本より安いからなのかこの値段とは思えないとても濃厚で美味しい鶏白湯ラーメンで、以前から行っていたが結局冒険せずに知っているお店に行ってしまった。

七星はバンコクに数店舗展開しているのでたまに見かけると行ってしまう。

これだけだとチャリダーのお腹を満腹には出来ないので数件隣のお店にハシゴしました。

こちらは本当はワンタン麺が有名なんですが麺〜麺へハシゴはしたくないのと麺を食べるとご飯が欲しくなってきたのでチャーハン。

明日はミャンマービザの申請に行くので、早めに宿に戻って手続き等を再確認_φ(・_・

にほんブログ村 旅行ブログ 大陸横断・大陸縦断へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク