【101〜102日目】バンコクの麺屋一燈に行ってみた

2018年2月19〜20日:タイ(バンコク)

昨日友人達と別れたあと、この数日間過ごした高級ホテルとは打って変わっていつもの安宿ドミトリーに戻って来ました。(以前泊まっていたところとも違う宿)

昨日までの疲れか、全く何もやる気が起きない。。。

ふと思いついたのはラーメン食べに行こう!ってことぐらいでした。

日本で有名な一燈がバンコクに支店を出しているので行ってみることにします。

場所はBTSチットロム駅のすぐ近くでした。

昼時から少し時間をズラしたんですが少し待ちが発生してました(^◇^;)

待ってる間にメニューを見て何にするか考える。。。

分かっていたけど改めて高い!!!

って思いますね。日本と変わらない。


店内に案内されると厨房の前のカウンターの席へ座ります。

オーダーはチャーシューつけ麺大盛りとお水。お水も有料なんですよね・・・

席には故障などの調味料と一緒にスープ割りが置いてあります。(TETSUみたい)

待つこと10分くらい。。。

運ばれて来たのは日本と見た目は変わらないつけ麺♫

味の方は日本とほぼ変わらず美味しかったです。

少しだけマイナス点を言ってしまうとスープが少し緩いのと麺の量が日本より少ない。あと高い(>_<)

くらいで記念に食べに来るには全然アリですね!

日常的に食べるなら七星がやっぱり一番かな。

この日はラーメン食べに行ったくらいしか行動していないw

<2018年2月20日:タイ(バンコク)>

2泊した宿を今日でチェックアウトして以前泊まっていたDetalakに移動することにします。

(この宿のwifiがいまいち不安定だったり、ドミトリーのベッド間がめちゃくちゃ近くて結構気を使うんですよね(^◇^;))

出発前に仲良くなった宿の宿泊者やスタッフと記念撮影♫

同じ宿に泊まっていたインド人

同じく同じ宿に泊まっていた日本人の方

住み込みで働いているスタッフのイラン人青年

 

記念に僕の名刺を貼ってもらった^^

(真ん中ね!)

出発する時も宿前で写真撮ってくれました^^

そしてDetalak HOSTELへ出戻り。

5キロくらいしか離れてないのであっという間でした。

受付では顔見知りのスタッフが「戻って来たね♫」と挨拶。

いやぁ、落ち着きますね〜。

部屋も以前と同じ所にしてくれました。(ベッドも)

また数日間お世話になります!
(なんかバンコクから先に出発する気にならない・・・)

にほんブログ村 旅行ブログ 大陸横断・大陸縦断へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク