【117日目】国境の町ノーンカーイでセパタクロー観戦

2018年3月7日:タイ(ウドーンターニー〜ノーンカーイ)

珍しく早朝に起床。

眠い!

とても眠いです!!!

昨日はほとんど寝れなかった。

同じドミの部屋にもう一人日本人男性が居たんですが、彼が寝る時にイヤホンで音楽を聴きながら寝てたんですが音漏れが酷すぎて全然寝れなかったo(`ω´ )o

注意出来なかった自分が悪い思っていますが、こういう時に相手が外国人の方が注意しやすいと考えてしまう💦

そして泊まった宿は朝食付きのはずだったんですが、、、

朝起きてキッチンを見渡しても何も無い。

大体、安宿の朝食はセルフ形式なのでパンやジャムが用意されているはずなんですが、影も形もありませんでした。

8時過ぎまで待ったがスタッフも誰も来ない。

これも昨日スタッフに確認いしておけば良かったんですがね(´・ω・`)

お腹も空いたのでもう待ちきれない。

朝から気分がとても悪いので連泊するのは辞めてさっさと進むことにします。(宿代は昨日のうちに払っているので問題なし)

ウドーンターニーについて何も知らないまま出発するのは少し心残りではあるけど、気持ち的にこの町に居たくないと思ってしまい宿を変える気にもなりません。

その町の印象として宿って大事ですね。

滞在した宿での思い出が悪いとその町の印象悪くなってしまう。

(この時、昨日までいたコンケーンにもう一泊しとけば良かった。あそこは本当に良いとこだったって考えてました。)

8時半頃、出発。ノーンカーイまで遠くないので夕方前には着けるかな。

もしくは今日中にラオスに入国してビエンチャンに行くことも可能^^

朝のイライラをペダルにぶつけて進んでいきます!!!

そうすると、あっという間にラオスとの国境との町ノーンカーイに到着しました(・ω・)/

まだ12時過ぎですw

ウドーンターニーから近かったからかイライラしてて写真を撮る気にならなかったからなのか道中の写真がありません^^;

そして、すぐに宿も見つけノンビリすることにします。

宿はメコン川沿いにあって宿からはメコン川とその先にあるラオスを眺めることが出来ます。

明日には向こう側。ラオスを走ることを考えるとワクワクしてきますo(^▽^)o

ちなみに宿をすぐに見つけたと書きましたが辿り着くまでは少し苦労しました。

と言うのも宿は住宅街みたいなとこを抜けた先にあるんです。

道を走っていたらあっちに宿があると看板を見つけたので近くまでは楽に来ましたがその後がちょっと面倒だったです(^◇^;)

自転車旅だと宿まで完全に自力で行くことになるので町に入った後に宿まで辿り着くのが大変です。

ただ道を走ってる郊外は良いんですが道が入り組んだ町中を走るのは本当に大変ですε-(´∀`; )

バックパッカーだったらタクシー乗って住所とか宿名言うだけで辿り着けたりもするんですがね・・・

で、あっという間にノーンカーイに着いたのでまだ昼食を食べていません。

タイ最後の昼食、いったい何を食べようか悩みに悩んで最終的に選択したのが・・・

やよい軒のカツとじ定食!

日本食万歳ヽ(´▽`)/

I LOVE JAPANESE FOOD♫

やっぱり日本食が一番ですね〜。

どうせ2週間くらいしたらラオスからタイに再入国予定だし、もう東南アジアの調理は飽き飽きしてて無理っす。

日本食食べると本当に落ち着きます。

世界で一番美味しいのは日本食、ここまで食に対して力注いでいる民族は他にはいないと思います。

(まだかなり先の話ですが、外食が不味いと有名な某国を旅した際に”日本食は不味い”と言われかなり腹が立ちました。食材や調理方法をどれだけ考え工夫してると思ってるんだ。あなたの国の料理は大した下味も付けずにただ食材を焼くだけじゃないかと。これについてまた後日(あと数ヶ月後、忘れたころに書くと思います))

日が暮れた頃に再度町に出かけてみた。

するとタイでお馴染みのナイトマーケットがノーンカーイでも行われてた。

しかも今日は何かのお祭りらしく(本当に何か分からなかった^^;)、広場では催しが大体的に行われていてTV中継もされていた。

時間が経つにつれ広場には多く人が集まって来た。

特に何もすることが無いのでナイトマーケットをぶらついてみることにした。

今回のナイトマーケットは規模もかなり大きくて全部は見て回れなかったです。

普通のお土産屋さんや飲食店以外にも射的や輪投げなど昔の日本のお祭りを彷彿とされるお店も多くありました。また、盗難アジア名物の移動遊園地もあったりと大人も子供も多く人が訪れていました。

メイン広場に戻ってみると劇のようなものが始まっていました。

この後も続々と色んな衣装の人が出て来てこの町の創造を表すような劇が行われていました。

劇が行われているすぐ近くでは出番待ちの人達がスタンばっていました^^

ナイトマーケットの中にセパタクローのコートがあって試合が行われていた。

セパタクローは生で見たことがなかったのでとても興味をそそられた。

まさか最終日の夜に生で見れるとは^^

試合は地元の学生チーム同士のようだった。

フィールドは3人同士で戦い、両チームともに交代用の補欠が1名。両チーム共に男女混合だった。

チーム席には監督、補欠以外に親も座っていてみんなで自分のチームを必死で応援している。

周りの観客も応援するチームに対して熱くなっていた。

僕は写真手前のチームの女の子が可愛かったのでこっちをいつの間にか応援していた。

可愛さは正義だ。

せっかくなので動画も撮っていたら偶然セパタクローのボール(プラスティック製)が自分の方向に飛んできた。スピード的に避けれるけど「さっきヘディングしてたし、そんなに固く無いだろう」と思い避けずに当たってみた。

結果、、、

「めっちゃ痛てぇ( ;∀;)」

とても固くて痛かった。しばらくの間当たった場所はズキズキしましたよε-(´∀`; )

もしセパタクローを見学する際には飛んでくるボールには気をつけましょう!

もし飛んで来たらちゃんと避けましょう^^/

動画の最後はこれぞセパタクローって感じがでてます^^

セパタクローの試合を観戦して満足し、宿に帰ることにします。

(試合は僕の応援してるチームが勝ちましたo(^▽^)o)

帰ってる途中、メイン広場では花火が上がっていました。

今日のイベントも最終段階になったようで帰るタイミングとしても良かったのかな^^

夜のメコン川、ラオス側も多くの明かりに灯されています

宿までメコン川沿いを歩いて帰ります。

宿もライトアップされていて綺麗だった。

他の宿泊客はみんな川沿いのエリアでビールや食事を楽しんでいました。

残念ながら僕は貧乏旅なので宿のお高い食事は楽しめませんが、そのお陰でセパタクローを観戦できたので良かったと思ってます^^/

タイ最後の日に良いもん見れて良かったです。

《今日のルート》

にほんブログ村 旅行ブログ 大陸横断・大陸縦断へ

にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク