【111日目】久しぶりの連日移動。疲れが取れない・・・

2018年3月1日:タイ(Pak Cong〜ナコーンラーチャシーマ)

今日も移動、2日連続移動するのはかなり久しぶり(^◇^;)

数週間前まで、良くもまぁこんなに疲れが残った状態で毎日自転車に乗ってたなと自分を褒めたい気分ですw

出発前に宿の朝食を食べてたら、宿泊していたシンガポール人のご夫婦も起きてきて一緒に食べることに^^

とても明るくい御夫婦でした😄

少し前に日本にも旅行されていたので日本のことも色々お話しさせて頂きました♫

出発時には宿の奥さんと息子さんに挨拶(^^)/~~~

Pak Congの町から暫くは下りが続きますo(^▽^)o

(昨日の後半は上ってばかりだったのでご褒美ですね♫)

Pak Congの町中

町から出てもまだまだ下っていきます!

上の写真の先に見えるところから上りが続き、下りのサービスゾーンは終了(´・ω・`)くうぅ

そして、かなりの斜度の上りが続きます・・・

上って行くと途中にサービスエリアっぽいのがあったので寄ってみることにします。

まだPak Congから22キロしか進んでいない(^◇^;)

サービスエリアの中心にある建物に行ってみます。

中はこの辺りで発掘された土器が展示されていたり、近くの遺跡について紹介されていました。

そして、建物の奥の扉を抜けると湖を眺望できます。

この湖は という堤防ダムの貯水湖になります。

とても大きくて端が見えません(^◇^;)

ここで少し休憩して、出発した直後にドイツ人サイクルイストと出会いました。

彼らは昨晩この近くにあるタイの国立公園でキャンプをしていたそうだ。

彼らはすでに2年半かけてヨーロッパから中央アジアを走ってきており、タイを走った後にオーストラリアに渡り、その後帰国する予定だ。

彼らは走った国の国旗のシールを自転車に貼っており、僕が今後走るトルクメニスタンなどの国旗を見せてもらった^^

彼らとは方向が一緒なので少しだけ一緒に走ったんですが、目的地が彼らは約20キロ先の町だけど僕はまだ70キロ近くあるので少し急ぎたくて途中で別れました。

数日後にある町で約束があったのでペースを遅らせれなかったんですよね( ;∀;)

別れた後、アップダウンが続く道を一人で寂しくぶっ飛ばして漕いでいきます。

ぼっちになっても頑張る٩( ‘ω’ )و

途中、久しぶりにハイウェイポリスの交番があったので休憩がてら寄ってみました。

写真右のコップが置いてある箱に水が入っていてフリーで飲めました。

休んでいると中から警察官の方が出てきて日陰に椅子を用意してくれ、さらに水をペットボトルでくれました^^

その後、暫く進むと無事夕暮れ前にナコーンラーチャシーマの町に到着。

しかし、町中で宿を見つけられず(後で確認したら安宿の目の前をスルーしてしまっていた。しかもその宿の数件隣のセブンイレブンで休憩していたのにorz)。

このセブンイレブンの数件隣りに安宿があったみたい・・・

どこ野宿できそうな所が無いか探していたら偶然宿の案内板を道脇に見つけたので地元の人に確認しながら向かいます。

着いた宿がここ。

アパート形式の宿でした。

レセプションがどこなのか分からず、というかここが本当に宿かも不安だったんですが、ちょうどこの写真の一番左下の部屋に宿泊されている方が出てきて英語で宿であることと、レセプションの場所を教えてくれました^^

レセプションに行くと英語を話せるオーナーが外出中でオーナーのお母さんしかおらず、お母さんはタイ語しか話せないのでオーナーが来るまで少し待つことになりました。

暫く待っているとオーナーが原付で登場。

部屋も空いているようで1泊400バーツでチェックイン。

少し高いですが、部屋は綺麗だったしウェルカムドリンク、TV、エアコンも新しくて快適でした。

日本のビジネスホテルみたい。東◯イン的な感じ。

この日の夕食は宿近くのお店でいつものヌードルとフライドライス。

あと、宿からセブンイレブンも近いので飲み物とか補給物資とか買うのにも便利だった!

自転車漕いで疲れた後にあまり歩きたく無いですからねε-(´∀`; )

ちなみにタイのセブンイレブンでは置いてあるコップ(大きさによって値段が違う)に自分で氷や飲み物を入れます。僕はいっぱい飲みたいので氷は殆ど入れないで成る可く飲み物が多く入るようにいています。

この日、移動中に各セブンイレブンで補給したアイス達

日本のスイカバーみたいだった。

ミロのアイス。これはとても安いのでよく買っています!

《今日のルート》

にほんブログ村 旅行ブログ 大陸横断・大陸縦断へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク