【328〜329日目】エスファハーン観光(part2)

2018年10月4日:イラン(エスファハーン

今日はまだ行っていなかったjamesモスクに行くことにした。

宿から1キロちょっとのところにあります。

入り口がイマイチ分かりにくくて迷います(^_^;)

※入場料は他の観光施設と一緒で200000リアル。英語のガイドを無料でつけれます。

最近、見学で見に行ったモスクの中では一番地味だが一番落ち着いた感じがあって良かったです。

と今書いてても写真が紛失しているのでお見せすることが出来ないんですがね、、、

その後、宿に戻るとオーナーが”今日、日本人女性が1人チェックインしたよ”と、その日本人女性を紹介してくれた。

彼女はゆかりさん、世界一周をしてる方でここから数日一緒に観光することになります。

ゆかりさんはまだエスファハーンに着いたばかりなので、とりあえず、街ブラ。

暑いのでアイスで補給しながら

ゆかりさんがピックアップしていたイランの伝統料理を食べれるお店が宿から遠くないところにあるというので、折角なのでご一緒させて頂いた。

味は。。。なんというか合う人には合うんだろうけど

僕は微妙でした。クレープ状の生地の間に肉のペーストが入ってるんですが、臭みがあってちょっと苦手(^^;

2018年10月5日:イラン(エスファハーン

昨日、ゆかりさんと今後の予定について話した結果、今日の夜行バスで一緒にシーラーズに行くことにしました。

行きたくても遠いから半ば諦めていたんですが、シーラーズ からペルセポリスに行くタクシー代を割れたりと節約出来るので行くことにします。

今まで会ったイラン人達にもシーラーズはビューティフルだから行った方が良いと言われていたので、行けることが楽しみです!

昼過ぎ頃、ゆかりさんとイマーム広場へ再度行くことに。

イマーム広場に有名なチャイ屋があるというのでそちらへ。

入り口の雰囲気が独特

中に入るとカフェスペースには既に大勢のツアー客で賑わっていました。

僕らも空いている席に座り、チャイをオーダー。

ツアーの方達がお菓子を皆で食べいたので、

”何だろう?”って見つめていたらお菓子を分けてくれました^^

白いけどバラクバかな?ピスタチオが固められたお菓子でした。

ツアーの方達とも仲良くなり、一緒に記念撮影♫

ついでに僕もw

ポーズがウザいのはすみません・・・

チャイで一服した後、

広場で写真を撮っているとゆかりさんがアフガニスタン女性に声をかけられ撮影タイム。

その後、次は地元のイラン人女子学生に声をかけられ再度撮影タイム。

声をかけてくれる人がいつもゆかりさんのヒジャブのことを何か言ってるんですが、なんのことを言っているのか途中まで分からなかったんですが、実はヒジャブの被り方が違うことを伝えようとしていたことが後日分かりましたw

首にかけてる紐は本当は頭にかけるものらしいです。

一番右の女の子のテンションが高過ぎてヤバかった(^^;)

ゆかりさんを自分の家に連れて行きたがっていたw

兎に角テンションが終始高くて、大変だった。

ゆかりさんが。

僕は見ているだけで面白かったけどw

シーラーズ 行きのバスは23時半発。

宿からバス停までタクシーで行くので宿に手配をお願いした。

22時半になりタクシーに乗り込みバスターミナルへ。

時間になりバス乗ると定刻通り出発。

今回のバスはVIPバス(ちょっと高めのグレード)にしたので座席は広くて足も伸ばせて快適♫

乗車すると飲み物やお菓子をスタッフから貰えた♫

なんて快適なんだ!

自転車でいつも移動している自分にとっては天国過ぎましたw

快適過ぎてすぐに爆睡。

明日の朝にはシーラーズだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする