【209日目】アルティン・アラシャンからビシュケクへ

2018年6月8日:キルギス(アルティン・アラシャン〜ビシュケク)

昨日は疲れていたためか久しぶりにめっちゃ熟睡できた^^

朝起きて足は疲れていたけど、アラコル湖に辿り着けた達成感が今のところ疲れを吹き飛ばしてくれている。

朝食前に少しだけアルティン・アラシャン内を散歩。

いつものユルタで貯食を食べ、この宿の娘さん達と少し雑談タイム。

9時過ぎにカラコルへ向かって下山開始。

本当は疲れてるから馬に乗って降りようと思っていたんだけど、、、

昨日TVクルー達がアルティン・アラシャン中の殆どの馬を借りて行ってしまっていて泊まっている宿の馬も絶賛貸出中😅

仕方ないので頑張って自分の足で下山します!

3時間かけ、来た時にマルシュを降りた場所まで到着。

ここでマルシュが来るのを待とうと思っていたら、近くに止まっていた一台の車がこっちに向かって来た。

そして、ドライバーの方が声をかけてきて

「昨日アラコル湖登ったか?」

と聞かれ

「そうだよ!」

答えると、

「カラコルの町まで行くから乗りな」

っと言われラッキーと思いそのまま乗り込む😄

カラコルへ向かう車の中で話してると、彼は昨日僕が出会ったガイドの同僚でアラコル湖近辺の近況を知りたくて、僕から聞くためにマルシュの乗車エリアで待っていたらしい。

(昨日会ったガイドに今日カラコルへ行くことは伝えていたので、彼から聞いたよう)

カラコルまでの30分くらいでとりあえず自分が見て来た雪の状況等を簡単に説明した。

本来待つはずのマルシュを待たなくて良いし、タダで乗せて帰ってもらえたのでとてもラッキーだった♫

カラコルに戻ってこのままビシュケクに戻るかカラコルに1泊するか悩んだけど、ビシュケクに行くバスがまだあるので少し休んでからビシュケクに戻るバスに乗ることにする。

まず、JICAも協力してるイシクルブランドに行ってみた。

ホワイトハニーやフェルト生地で作った小物など魅力的なお土産がいっぱいあった。

その後、以前も立ち寄ったカラコルカフェで軽食🍽

ここでゆっくりしてバスの時間を待つことにします。

カラコルカフェで時間を潰してからバスターミナルへ行き、ビシュケク行きのバスに乗り込みます。

ここからビシュケクまで6〜7時間、少し長いですが疲れてるんで寝てればあっという間かな(笑)

4時間ほど経っていつものサービスエリアで休憩タイム。

お腹も空いていたのでラグメンとパンを食べ、疲れと満腹感でさらに酷くなった睡魔のお陰でビシュケクまで爆睡😴

ビシュケク市内に入り、バスターミナルへ向かって行くんですがバスターミナルから僕が泊まっているサクラゲストハウスまではマルシュに乗らないと辛い距離。

でも、乗っているマルシュがバスターミナルへ向かう途中に丁度サクラゲストハウス の近くを通るので運ちゃんにお願いしてそこで降ろしてもらいました。

キルギスのマルシュは乗るときも降りるときも運ちゃんに合図すればルートなら自由に乗り降りできるんでこういう時は凄く便利でした♫

数日ぶりにサクラゲストハウス に戻って来て、我が家に帰って来た感じで落ち着きます😄

にほんブログ村 旅行ブログ 大陸横断・大陸縦断へ

にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする